漢方誠芳園薬局メインバナー
漢方誠芳園薬局 新井吉秀(薬剤師)

☆夏季休暇のお知らせ☆
8月11日(木)~15日(月)21日(日)~24日(水)
の間、お休みさせていただきます。


大阪の漢方誠芳園薬局 新井吉秀(薬剤師)です。
漢方専門30年、今では北海道や九州からもわざわざ相談に来られる、ちょっぴり有名な漢方薬局です。
東洋医学だけでなく、現代病態生理や免疫、生化学検査なども懸命に勉強しました。 ですから、いろんな角度からのアドバイスができると存じます。  なんといっても、
「かけがえのない生命の相談」なのですから、時間はかかっても、 まずは「ご相談」からお願いしています。  (多忙につき、完全予約制です)
急を要する人の為にも、質問だけのご予約はご遠慮くださいますようお願いします。
漢方薬の価格はこちらをクリックしてください。

新着情報

16.06.28  「原発性胆汁性肝硬変」更新しました。 
16.05.17 「お問い合わせ」更新しました。
16.04.13  「急性膵炎、慢性膵炎」更新しました。 
16.03.12  「尋常性乾癬」を更新しました。 
16.02.16  『橋本病』更新しました。 
16.01.18  「バセドウ病眼症」更新しました。 
15.12.22  『肝硬変の腹水』更新しました。 
15.11.28 「誠芳園の漢方の特長」更新しました。 
15.10.27  「特発性血小板減少性紫斑病」更新。 
15.10.15 『子宮頸がん検診』更新しました。
15.09.15 『ベーチェット病』更新しました。 
15.08.27  『求人』 薬剤師募集
15.08.14 『肝硬変の腹水』更新しました。 
15.07.29  「子宮内膜症、子宮内膜増殖症」更新。
15.07.16 漢方革命『桂皮と桂枝』更新しました。
15.07.07  漢方革命『きょう活』更新しました。 
15.06.24  『気管支喘息、小児喘息』更新。 
15.06.18  漢方革命『枳実』更新しました。 
15.06.08  漢方革命『生姜』『甘草更新。 
15.06.04  『橋本病』更新しました。 
15.05.30 『不妊症』更新しました。
15.05.15  「認知症」を更新しました。 
15.05.13  「認知症」についてまとめました。
15.05.07  「副鼻腔炎(蓄膿症)」を更新しました。
15.04.20 「原発性胆汁性肝硬変」更新しました。
15.04.20 「日本の自然薬」を追加しました。
15.04.06 「急性膵炎、慢性膵炎」更新しました。
15.03までの更新
08.10.14 薬局を移転しました。新店舗の写真追加しました
07.06.24 『自己免疫疾患(膠原病)50例』と題して講演。生体防御研究協会にて。
06.01.17 ラジオ大阪「特ダネ情報それ!」の生放送でインタビューを受ける。
マイベストプロのコラム『違法薬物はこわす!絶対ダメ!』『癌についてのQ&A』
「いろんな病気」「がん免疫細胞療法」「慢性肝炎、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変」
     「痔(いぼ痔・きれ痔・痔ろう)」「副鼻腔炎(蓄膿症)」「アトピー性皮膚炎」
      「アレルギー性鼻炎。花粉症」「気管支喘息(せき・ぜんそく)」
      「のど異常感(咽喉頭異常感)」『腰痛・ヘルニア』
皮膚病「尋常性乾癬」
「女性のカラダ相談」「不妊症・不育症(習慣性流産)」「子宮内膜症、子宮内膜増殖症」
      「更年期障害」『PMS(月経前症候群)』「美容」「しもやけ」
      「月経異常(生理不順、無月経など)」「冷え性」『子宮頸がん検診』
「生活習慣病」「心臓病・心筋梗塞・狭心症」 「糖尿病」「脳卒中(脳梗塞・脳出血・脳溢血)」
「自己免疫疾患(膠原病)」『潰瘍性大腸炎・クローン病』「橋本病」「バセドウ病」
      「(全身性)強皮症」『ベーチェット病』「原発性胆汁性肝硬変」
      「特発性血小板減少性紫斑病」「全身性エリテマトーデス(SLE)」
「漢方誠芳園薬局」「恩師」 『心の温度』
「東洋医学の知恵」「カゼの漢方薬」 「果物と健康」「 食べ物の寒・冷・温・熱」「春夏秋冬の養生」
『ヒバリ型とフクロー型』
「心のスイッチON」「致良知」「健康寿命を延ばそう」 「漢方革命」

誠芳園日記

15.09.09   10月に四国、11月に九州にて講演します。
 テーマは『自己免疫疾患の治し方』日本生体免疫研究会にて。

13.07.07   東京にて講演しました。
『自己免疫疾患の治し方』日本生体免疫研究会にて。


13.06.23  第三医学研究会で講演しました。。
『バセドウ病、橋本病の治り方』について。質問も頂いて勉強になりました。

12.11.25  第三医学研究会に参加。一年に4回です。
稀代の名医、山本巌先生流の漢方医学を研究する会です。
第三医学会の漢方の特長の一つは、西洋医学の正確な病態生理を認識し、
その病態に漢方処方を合わせることです。一般の漢方にはその発想がない。

12.10.30  日本東洋医学会に参加。
~山本巌の漢方医学について~

11.07.06  7月24日に大阪で講演します。
『松寿仙について』近畿地区自然薬研究会主催です。

10.12.08  11月21日に広島で講演しました。
『バセドウ病、橋本病の治し方治り方』日本生体免疫研究会の主催です。

10.06.30  7月25日に講演します。
自己免疫疾患へのアプローチ
~バセドウ病、橋本病の治り方~大阪のホテル阪急インターナショナルにて

09.12.30  ~漢方のプロ~
読売新聞グループの町の専門家を探せるサイト
『マイベストプロ大阪』の一員(漢方のプロとして)になりました。

09.03.16  四ッ葉のクローバー
人のしあわせには4つあるといわれます。
①ほめられる(ほめる)こと
②愛される(愛する)こと
③人の役に立つこと
④人に必要とされること

08.09.19  ニコニコマークがいっぱい
当店のカルテには症状が良くなれば、ニコニコマーク、
著効の時は大きなマークを描きます。
ニコニコマークがつけば嬉しいけれどマークがつかなければ困るし、辛い。
すべてのカルテにニコニコをつけたい。

08.08.22  自慢話
ある日、生薬問屋さんに聞いてみた。
「大阪で生薬取扱量一番の薬局はどこ?」
「ダントツで誠芳園さんです」とのこと。
気を良くして、他の問屋さんにも聞いた。
ナント、関西でも当店が一番らしい。
    、、、ちょっぴり自慢話でした。

08.04.25  自己免疫疾患 (膠原病)
自己免疫疾患では、自己抗体が正常化すれば進行が止まった、
治った、ということになります。
西洋医学では難しいことなのですが
今月だけでも二人の人の自己抗体が正常化しました。
このようなことは一般の漢方だけでは難しく
やはり西洋医学の病態生理の知識や免疫学の研究が必要になります。

08.03.17  喘息 治療法
滅多にないことなのですが小児喘息で1ヶ月経っても
効果の見られないことがありました。
子供さんには副鼻腔炎(蓄膿)があったので
副鼻腔炎の漢方治療をすると5日で喘息の症状が改善しました。
これは副鼻腔炎による後鼻漏が喘息の誘因になっていたと推測できます。
漢方も、旧態依然として脈や舌、お腹や顔色をみるだけでなく
こういった病態生理を知る必要があります。

07.09.05   ~漢方革命。医学革命~
『漢方革命』は、たくさんの漢方専門家も読んでくれている様で、
励ましの声をよくいただきます。
従来の漢方とは随分異なる山本巌の漢方が何故良く効くのかが本当に理解され
少しでも多くの人に活用されれば。。。と願っています。


07.05.15  ~漢方革命。医学革命~
難病とされる疾患で、漢方を3ヶ月服用後の有効率を出してみました。
橋本病  約80%
バセドウ病  約90%
潰瘍性大腸炎  約80%
限局性強皮症  約90%
小児喘息  約90%
アレルギ-性鼻炎も同じくらい。
尋常性乾癬は時間がかかり手ごわいのですが、
それでも6ヶ月で 約77%
ベーチェット病はナント 3ヶ月で100%!
ベーチェット病は9人での有効率ですが…。もちろん完治までは長い時間が必要です。
これほど有効率が高いのも山本厳流漢方の特徴なのです。
漢方革命のページをぜひご覧ください。

07.03.03  漢方革命。医学革命~
最近の話ですが、中国の漢方医が漢方誠芳園薬局を見学して
『漢方がこんなに早く、しかも的確に効くのに驚いた。
時折、効果が見えない時に考え込んでいる姿が新鮮だった』と言ってくれました。
山本巌先生の漢方医学のおそらく半分程しか理解できていない私でも
目を見張るほどの効果があるのです。
そんな山本巌先生の漢方医学を少しでも多くの人に広めたい。
そう願って『漢方革命』を綴っています。
まだ予定の半分もいっていませんが、皆さん是非お読みください。
おかげさまで『漢方革命』のページは先月だけで、1千クリックを越えました。

07.01.11  ~ノロウイルス~
感染性胃腸炎ノロウイルスや胃腸型の風邪が大流行しています。
カッコウ正気散という漢方薬が最も早く効きます。
飲んだその日に良くなった方もいらっしゃいました。
皆さん是非お試しください。

06.10.24  ~治らない?治る?~
病院で「治らない」と言われながら通院している人は意外と多い。
乾癬・大人の喘息・子宮内膜症・痔ろう・C型肝炎・肝硬変。
そして、バセドウ病・橋本病・潰瘍性大腸炎・ベーチェット病
クローン病などの自己免疫疾患などなど。
昭和の名医とされる某漢方医は言った。
「『治らない』という医師は自分の所属以外の医学を知らないだけの
単なる無知である。『治らない』ではなく『私には治せない』というべきである」
第一、患者さんやその御家族が可哀想だ。
また別の医師はその著書に明記していた。「漢方で〇〇病が治るなら土下座する」と。
その医師は全国を回って土下座の旅を続けなければならない。
ところで、私共にも次のような質問は多い。「治りますか?」「何日で効果が出る?」
たとえ80%の人を治せても私の答はいつも「わかりません」なのです。
多くの人が非常に早く効くにしても。。。

06.09.12  ~秋の夜長の漢方小噺~
【アトピー性皮膚炎?】生後9ヶ月の赤ちゃん。
全国的に有名な病院を含め数件の病院で治療。
一旦はひいても症状はぶり返す。よくある話ですね。
でも、漢方薬7日分でキレイになった。もうすこし続ければ完治でしょう。
漢方処方は苓姜朮甘湯エキスでした。
人参湯でも良い。この2処方の共通した生薬が効きます。
何故こんな処方で?と、漢方専門の人は首をかしげることでしょう。
たね明かしをしますと、私はこの子の症状はアトピーではなく、
ヨダレかぶれと診たのです。ヨダレによる接触性皮膚炎ですね。
ヨダレはおなかの中をあっためると治る。
原因が減れば接触性皮膚炎は良くなる。
この子供さんは2日でヨダレがひき、間もなく真っ赤な皮膚もキレイになった。
現状に安穏とすることなく、私達は病の認識、病態生理、適応する薬剤、
これらを日々勉強し研磨し、一人の人の役に立ちたい。

06.08.21  ~四不殺~
中国の後漢の時代に崔子玉という賢人がいました。
崔子玉は 「四不殺」(「四殺」)という名文をもって語りかけています。
人は 欲をもつことで自分を殺し、財産を残すことで子孫を殺す。
政治を間違うと民を殺し、学問、教育を間違うと天下を殺す。
こうならないように座右の銘としたい。
この名文は 千八百年という時空を越えて現代でも輝いているように思います。


06.04.07  春爛漫です。
私の感覚として、春は正月と似ていて、さあ頑張るぞ。と決意を新たにします。
自然の息吹、自然界の活力のせいでしょうか。
「烈志暮年、壮心やまず」
「日々新たなり、日々新たなり」

06.01.14  頑張れ 受験生。
受験シーズンです。
受験って大変というイメージがありますが本当にそうでしょうか。
考えてみれば努力した分だけすぐに結果が出るのって
一般社会ではそう多くはないのですから
むしろ受験って面白いものと言えるかもしれません。
受験がストレスになるのは目標と現実にギャップのあるケースです。
このギャップが大きければ大きいほどストレスは大きくなります。
この場合は現実を努力して持ち上げるかまたは目標を少し下げるか、
どちらにするかの選択が必要になります。
どちらが正解かは本人の今後の生き方しだいですね。
いずれにしても、いままで培ってきた実力を発揮するためにも
是非、風邪などひかないよう体調万全でリラックスして楽しく受験に臨んで下さい。
頑張れ 受験生!

05.12.14  『子供の「ぜんそく」が10年で2倍に増加。
副鼻腔炎(蓄膿)やアレルギー性鼻炎等も過去最高の数』
という記事が、12月9日の読売新聞に掲載されました。
このような事実があるのですから、現在の標準治療には満足できません。
誠芳園の漢方の効果をぜひぜひ知って頂きたいと願っています。
効果判定は1カ月で十分でしょう。。。

05.09.09

今、「漢方革命」の中で「日本漢方の歴史」を書いています。
ところで歴史上で好感度の高い坂本竜馬は、
身分差別をなくし国民皆平等の国を作る為命を燃やして東奔西走しました。
言わば、現代私たちの投票権のために若い命を燃やしたのです。
9月11日は衆議院選挙です。 皆さんの一票を大切にして投票しましょう。


当HPが Google検索で 多くのキーワードで トップページに表示されていました!

下記のキーワードに 漢方を加えて当HPがトップページに!

自己免疫疾患 ・ 膠原病 ・ 橋本病 ・ バセドウ病 ・バセドウ眼症 ・ クローン病 ・ 腹水・原発性胆汁性肝硬変 ・ ベーチェット病 ・ 全身性エリテマトーデス ・ 血小板減少性紫斑病 ・(全身性)強皮症 ・ 潰瘍性大腸炎 ・ 過敏性腸症候群 の脾彎曲症候群 ・急性膵炎 ・ 慢性膵炎 ・ 子宮内膜増殖症 ・ 子宮内膜症 ・ 二人目不妊 ・ 続発性不妊症 ・ 原発性不妊症 ・ 喘 息 ・ 小児喘息 ・ 気管支喘息 ・ 蓄膿症 ・ 副鼻腔炎 ・ 慢性副鼻腔炎 ・ 血管運動性鼻炎 ・ アレルギー性鼻炎 ・ 後鼻漏 ・ 尋常性乾癬 ・ 肝硬変 ・ B型肝炎 ・ C型肝炎 ・ 心臓病 ・ 狭心症 ・ 脳溢血 ・ 脳出血 ・ がん告知 ・ 咽喉頭異常感症 ・ いぼ痔 ・ きれ痔 ・ 痔ろう ・ 肛門周囲炎 ・漢方薬局大阪   2016年2月1日確認

店舗概要

店舗名 漢方誠芳園薬局
住所 〒545-0014 大阪市阿倍野区西田辺町1-12-14
営業時間 AM10:00~PM7:00(土曜は夜6時)
定休日 日曜祝日
電話番号 06-6480-8525
メールアドレス info@kanpouseihouen.com
Copyright (C) 2004 Seihouen All Rights Reserved.